Web接客ツールを有効活用できない要因とは?

Web接客ツールを有効活用できない要因とは?

Web接客ツールを導入したにも関わらず、新規顧客に上手くつながらない要因は多数存在しています。

ここでは、Web接客ツールを有効活用できない要因の1つを取り上げた後に、具体的な改善方法を解説していきます。

Web接客ツールを有効活用できない要因とは

高い効果を期待してWeb接客ツールを導入したものの、新規顧客の獲得に上手くつながらない要因は、多数存在しています。

このようにWeb接客ツールを有効活用できないケースを招く要因の多くは、Web接客担当者の方が集積したデータの活用方法がわからず、最終的には業界内で築いてきた経験則に基づいたシナリオ作成に陥っていることにあると考えられます。

このケースを改善に向けて、第三者の視点から顧客情報等のデータを分析して、シナリオを作成する必要があります。

そこで、推奨するのが、外部コンサルタントによるWeb接客ツールの運用代行です。

様々な業界を横断的に担当してきたコンサルタントなら、特定の業界事情にとらわれることなく、Web接客ツールを用いたデータ起点のシナリオ作成を実現できます。

ただし、外部コンサルタントにWeb接客ツールの運用を代行する場合、プライバシー性の高い顧客情報の安全を担保しなければなりません。

ここでは、Web接客ツール上への外部コンサルタント導入に向けて顧客情報の安全を担保する際、参考にしたい対策方法を紹介します。

Web接客ツールで権限付与を円滑にしよう

Web接客ツールを運用する際、プライバシー性の高い顧客情報を安全に運用する必要があります。

つまり、顧客情報を社員や関係者全員が閲覧や編集できる状態で放置することなく、特定の部署や特定のメンバーだけが閲覧や編集ができる状態にしておく必要があります。

その理由は、担当者の方がWeb接客ツールの編集権限を外部コンサルタントやWeb制作会社の担当者へ付与する場合、管理しなければならないメンバーや社員数が膨大になるからです。

こうした困難に直面する担当者の方々には、数あるWeb接客ツールの中でも導入を推奨しています。

なぜなら、Web接客ツールが搭載するチーム・サービスの作成機能なら、チームやサービスを作成した管理者がメンバー1人ひとりの編集権限と閲覧権限を個別で管理できるからです。

ここでは、3つの事例を基にWeb接客ツールが搭載するチーム・サービス作成機能がもたらすメリットを紹介します。

チーム・サービス作成機能がもたらすメリット

ここでは、3つのを事例を基にWeb接客ツールのWeb接客ツールが「チーム・サービス作成機能」がもたらすメリットを紹介していきます。

チーム内で複数のサービスを管理できる

チーム・サービス作成機能がもたらすメリットを紹介する前に、Web接客ツールにおける「チーム」「サービス」の定義から簡単に解説します。

まず、チームとはメンバーやサービスの管理を全て行う場所を指します。

その一方で「サービス」とは、サイト上で行う全ての動作を管理する場所を指しています。

チームを1つ作成した場合、そのチーム内で複数のサービスを管理することができます。

こちらの機能がもたらすメリットを、社内で複数のブランドを設立したケースを例に解説していきます。

このケースの場合、ブランドごとにWeb接客ツールを導入することも可能です。

しかし、複数のWeb接客ツールを社内ブランドごとに導入した場合、それぞれのブランドのWeb接客ツールが集積した顧客情報を一括管理することはできません。

この状態のままでは、チームの責任者がそれぞれのブランドを超える横断的な施策を実行できない課題が生じてしまいます。

こちらの課題をチーム・サービス作成機能なら解決可能です。

具体的には、1チーム内で複数のサービスを管理することによる顧客情報の一括管理により解決できます。

こちらが、チーム・サービス作成機能の活用ががもたらす1つ目のメリットです。

下記リンクでは、具体的にチームとサービスの作成方法を解説しています。

アカウントを取得して、はじめに行うことは「チームの作成」です。チームの作成なくして当サービスはお使いいただけません。動画とともに実際の作成方法をご紹介します。
www.happi.net

 
チームを作成したら、次に行うことはサービスの作成です。サービスを作成して初めて、ポップの作成やメールの作成、シナリオの設定などができます。動画で手順をご紹介。
www.happi.net

こちらを参考に、当社のWeb接客ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

チーム内の権限をサービスごとに付与できる

チーム内の権限をサービスごとに付与することが可能です。

こちらの機能がもたらすメリットを、社内に2つのブランドを設立したケースを例に解説します。

こちらのケースでは、Web接客ツール上で1つのチーム内に2つのサービスを作ることになります。

この時、チームの管理者(2つのブランドの総責任者)以外に各サービスの権限を付与できない場合、個々のブランドリーダーは、メンバーによるサービスの編集権限や閲覧権限を変更する度にチームの管理者の承諾を得なければなりません。

この状態のままでは、ブランドリーダーがメンバーのマネジメントが円滑にできない課題が生じてしまいます。

こちらの課題でもチーム・サービス作成機能は解決可能です。

チーム内のサービスごとに、メンバーの管理権限を付与することで、ブランドリーダーが自身の権限でマネジメントが可能です。

その結果、上述した課題を解決することが可能です。

こちらが、チーム・サービス作成機能がもたらす2つ目のメリットです。

下記リンクでは、具体的にメンバーへ権限を付与する方法や権限で実行可能なことの詳細を解説しています。

サービスを作成した管理者は、承認したメンバーの誰に閲覧・編集の権限を与えるのかを選択するだけで管理することが可能です。権限を与えられたメンバーは、シナリオやポッ…
www.happi.net

 
チームを参加する時点で、権限が付与されます。・閲覧のみ・・・サービスの中身を閲覧できるが編集等はできない・編集者・・・サービスの中身を編集することができるが、チ…
www.happi.net

こちらを参考に、Web接客ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

外部コンサルタントでも安全に権限を獲得できる

外部コンサルタントがチームに参加する際も、安全に権限を獲得できます。

こちらの機能がもたらすメリットを、2つの社内ブランド(AとB)の内、ブランドAだけにコンサルタントを呼ぶケースを例に解説します。

こちらのケースの場合、最初にWeb接客ツール上のチームに外部コンサルタントを招待しなければなりません。

この時、チームの管理者が外部コンサルタントの権限をサービス(ブランド)ごとに付与できない場合、Web接客ツールのチームに招待されたコンサルタントは業務に関係ないブランドAだけでなくBのサービスの編集や閲覧が可能な状態になってしまいます。

この状態のままでは、外部コンサルタントを通じてブランドBに関する情報が漏洩する事態に直面する恐れがあります。

こちらの課題もチーム・サービス作成機能ならば解決可能です。

具体的には、業務に関係するサービスだけの権限を外部コンサルタントに付与することで、解決が可能です。

こちらが、チーム・サービス作成機能がもたらす3つ目のメリットです。

下記リンクでは、チームとメンバーの権限に関する詳細を解説しています。

チームとは、当サービスを利用するにあたり作成する管理ページのことです。また、当サービスにおける「サービス」とは、ポップアップやメールなどのアクションやシナリオを…
www.happi.net

こちらを参考に、Web接客ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで、Web接客ツールが搭載する「チーム・サービス作成機能」がもたらすメリットを中心に解説しました。

の機能を活用し、メンバー間の権限付与を安全かつ円滑に行うことで、Web接客ツールを有効活用していきましょう。

Translate »