購買意欲の関心度に合わせた訴求

購買意欲の関心度に合わせた訴求

お客様のサイトに訪れる顧客は、商品やサービスなどに対し、どのくらいの関心度で興味を示しているかをデータ化することができます。

簡単に説明すると、主に三段階に分類が可能です。

  1. 商品購入が決定している「ホットリード」
  2. 検討している「ウォームリード」
  3. 興味関心が薄い「コールドリード」

と分けることができます。

各リードに属した顧客に対して、的確に商品やサービスの情報提供を可能にしてくれるのが、Web接客ツールです。

当社提供のWeb接客ツールCombeezをサイト内に取り入れると、Web接客ツール機能のひとつである、ポップアップやプッシュ通知を表示させることができます。

今回は、各リードの関心度に合わせた商品やサービスの訴求方法についてご紹介します。

ぜひ、ご一読いただいて、Web接客ツールの便利さを知ってください。

その便利さを知ることができれば、きっとお客様もWeb接客ツールを導入したくなるはずです。

各リードを簡単にご紹介

お客様のサイトに訪れる顧客が、どれだけ商品やサービスなどに興味があるかをデータ化することができ、マーケティングの一環として活用することができます。

主に顧客の購買意欲への関心度は、三段階に分類することができます。

ホットリード
購入が決まっている
ウォームリード
検討中か購入の一歩手前
コールドリード
検討中から進展がない、興味関心が薄い

簡単に説明するとこんな感じになります。

このように、各リードによって関心度は違います。

どのリードに属している顧客も魅力的であり、各階層に合わせた商品やサービスの訴求を行えば、コンバージョン率を高めることができます。

そこで、役立つのが、Web接客ツールです。

Web接客で購買意欲を高める

上記で少しご紹介したとおり、顧客の商品やサービスへの関心度は、3つのリードで分けることができます。

実店舗でもオンラインショップでも、顧客の心をくすぐる何かが必要です。

コンバージョン率をアップさせるためのさりげない接客、顧客が購入などを検討しているタイミングに合わせた接客を行うのがベストですよね。

これらの接客、買いたくなるような仕掛けを施すのが、Web接客ツールです。

Web接客ツールCombeezを取り入れると、各リードに合わせた接客を行うことができます。

Web接客ツールには、ポップアップやプッシュ通知といった機能があります。

この機能を使うことで、顧客の関心度に合わせた接客を実施することができます。

Web接客ツールで的確な接客を行うには、シナリオ作成が必要です。

シナリオが完成すると、Web接客は顧客の閲覧履歴などを自動解析し、その方に合わせた商品やサービスを案内します。

ポップアップで提案しよう

Web接客ツールのひとつである、ポップアップは、顧客の心境の変化に合わせて、内容を自動で切り替えてくれます。

寄り添う形の接客を行うことができます。

ここでは、主に割引サービスや商品情報の案内方法について解説します。

ホットリード向け

商品やサービスの購入が決まっている顧客の場合、さらに追加注文してもらえるような接客をすると良いかもしれません。

例えば、お客様のサイト内で、顧客が商品を2,000円購入しているとします。

そこで、すかさず、

「3,000円以上ご購入で送料無料」

といった案内を表示すれば、さらに1,000円分の商品を買ってくれる可能性があります。

また、サービスを販売しているサイトであれば、

「オプション追加で基本料金が〇割引」

といった割引プランを提示すると、サービスの追加を行う可能性があります。

ウォームリード向け

商品やサービスの購入を検討している顧客に対しては、注文したくなる接客を行うと買ってくれるかもしれません。

例えば、お客様のサイト内で、顧客がさまざまな商品ページを閲覧して回遊しているのであれば、閲覧履歴をもとに、その方が欲しいであろう商品を的確に提案することができます。

これにより、購入きっかけをつかむことができ、注文に進める可能性が高まります。

サービスを販売しているサイトの場合は、そのサービスに関する詳細な情報を掲載しているページへ誘導することができます。

サービスに関する情報を提供することで、内容の良さから注文を行う可能性があります。

コールドリード向け

コールドリードは、商品やサービスへの興味関心がかなり低いです。

ここでは、ホットリードへもっていく前に、ウォームリードへつながえる方が得策かもしれません。

しかし、サイトの利便性や接客の良さで即購入につながる可能性もあるので、あきらめることはありません。

コールドリードの場合、お客様のサイト以外の競合他社サイトで似たような商品を閲覧し、「どこで買おうか?」と吟味(ぎんみ)している可能性があります。

そこで、競合他社サイトと差別化を図るに役立つのが、Web接客です。

仮に、初めて購入する顧客に対してのサービスが充実しているのであれば、そのサービスをポップアップで案内すれば、購入につながる可能性があります。

例えば、「初回購入者は送料無料」「初回購入者限定ノベルティグッズ進呈」など、顧客が購入したくなるサービスを提示すると効果的です。

サービスを売するサイトの場合であれば、サービスの詳細な情報を案内して、興味関心を引くことも有効といえます。

チャット機能を使おう

Web接客ツールのひとつであるポップアップには、チャット機能が備わっています。

チャット機能はその名もとおり、テキストのやり取りでコミュニケーションがはかれるツールです。

ホットリード、ウォームリード、コールドリード問わず、顧客は商品やサービスに関して、疑問をもっている可能性があります。

チャット機能は、メールや電話での問い合わせと違い、ラフな感じでコミュニケーションができるので、顧客も気軽に問い合わせすることが可能です。

この効果により、商品やサービスの購入、検討、興味を高めることができます。

メール案内も忘れずに

ポップアップは、商品やサービスに関する割引サービス、詳細な情報を提示できるだけでなく、メール配信を案内することができます。

顧客に対してメール配信を案内しておくと、メルマガを読んでくれる可能性があります。

定期的にメール配信を実施することで、お客様のサイトをときどき思い出させることができます。

この効果により各リードの顧客問わず、再訪問を促すことができます。

プッシュ通知で訪問を促す

Web接客ツールには、プッシュ通知という機能があります

プッシュ通知は顧客が通知許可すると、お客様のサイトの最新情報や更新情報などを顧客のスマートフォンやパソコンに通知することができる機能です。

例えば、プッシュ通知を使って、各リードに対し「期間限定セール」を通知するなどし、再訪問につなげることができます。

Web接客を導入して訴求しよう

Web接客ツールCombeezを取り入れると、Web接客ツールのひとつである、ポップアップやプッシュ通知を使い購買意欲を高めることができることをご理解いただけたかと思います。

ぜひ、この機会にWeb接客ツールを導入してみませんか?

Web接客ツールを使うためには、まず、アカウント登録が必要です。

Googleアカウントをお持ちであれば、そのまま登録にお使いいただけます。

Web接客ツールを快適に使うためには、シナリオ作成が必要です。

シナリオ作成に関しては、下記リンクからご確認ください。

Web接客ツールを使うためのシナリオ作成が難しいと感じる方に朗報です。

当社のコンサルティングチームが、お客様のご依頼に応じて設定代行いたします。

「Web接客を使いたいけど、シナリオが分からない!」という方は、お気軽にお問い合わせください。

当社では、お客様がWeb接客ツールCombeezを快適に使えるよう、さまざまな料金プランをご用意しております。

お客様のご予算にあった料金プランを選択し、ぜひ、お申し込みください。

Web接客ツールには、今回ご紹介した使用方法以外にもさまざまな機能があります。

下記リンクで、ご紹介しているWeb接客ツールの機能もぜひ、ご参考ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

顧客の商品やサービスへの関心度は、ホットリード、ウォームリード、コールドリードに分けて分析することができます。

各リードに合わせてた接客を行うことで、商品やサービスの関心度を高めることができます。

その方法のひとつとして、Web接客がおすすめです。

Web接客ツールを導入すると、ポップアップやプッシュ通知を使うことができ、各リードに応じた接客ができるようになります。

この効果により、購入を検討している方であれば、注文につなげたり、関心が薄い方であれば、興味を引かせることができます。

ぜひ、今回の記事を読んでWeb接客に興味がわきましたら、導入をおすすめします。

当社提供のWeb接客ツールCombeezを取り入れると、同様の効果が得られる可能性があります。

また、シナリオ作成など分からないことがありましたら、お気軽にお尋ねください。

以上、Web接客ツールを使った、各リードに属する顧客への訴求方法をご紹介しました。

Translate »