設定簡単!ブラウザプッシュを実現するには?-Webサイト設定編-

設定簡単!ブラウザプッシュを実現するには?-Webサイト設定編-

ブラウザプッシュはWebサイトに動きを出して、訪問者に注目してもらえる有効な機能です。

利用するにはWebサイトに設定ファイルを設置しておく必要があります。

このファイルを取得し、どこに設置すればよいのかを解説します。

設定手順

Wepサイトを設定や管理画面の使い方などの手順を説明していきます。

1.サイトに設置するファイルを管理画面からダウンロード

設置するファイルは、管理画面からダウンロードすることができます。

管理画面にログインしチームを選択します。

初めての方へ > 導入2:ファイルの設置 > Step1

から設置するサイトを選択します。

※サイトごとに設置するファイルは異なります。

Step2の枠にある拡張子がjsのファイルをダウンロードします。

jsファイル

2.Webサイトの設定にmanifestを追加する

訪問者へのプッシュ通知には、manifestの設定が必要です。
既にmanifestをしていている場合は既存の設定を上書きしないように、コードを追加してください。

追加するコードは、

初めての方へ > 導入2:ファイルの設置 > Step3

の枠の中に記載されているのでコピーして利用します。

manifestを追加

manifestの設定がされていないサイトの場合は「manifest.json」サイトのルートに作成します。

そのファイルの中に上記のコードを張り付けます。

h t t p s : // ( WEBサイトURL ) / m a n i f e s t . j s o n

設置を終えたらURLにアクセスして、記述したコードが表示されれば正常です。

例)下記画像はwordpressのサイトの場合のファイル設置の例

wordpressのサイトの場合のファイル設置の例

3Webサイトのhead内にmanifest.jsonを読み込む設定を入れる

最後にWebサイトの<head>タグ内に設置したmanifest.jsonを読み込ませる設定を追加します。

headタグ内に埋め込むコード(環境に応じて調整ください)<link rel=”manifest” href=”/manifest.json”>

例)HTMLソースの参考(headタグの最後に追記)

ソース内

以上でブラウザプッシュのWebサイト側の準備は完了です。

当サービスでは、サイトコンサルやエンジニアによる設定や設置代行もサポートしています。

是非、お気軽にご相談ください。

Translate »