「webページの複数登録」と「ページグループ」の違いや使い方

「webページの複数登録」と「ページグループ」の違いや使い方

シナリオを作成する際、ページを複数登録してアクションを実行する場合と、「ページグループ」を作成してアクションを実行する場合があります。
「webページを複数登録するのと、ページグループを作成するのとなにが違ってどのように使い分けるのか?」
という疑問にお答えします。

①webページの複数登録
→カテゴリーが異なるページをユーザーが閲覧した際にアクションを実行したい場合に使用
②ページグループ
→同じカテゴリーのページをユーザーが閲覧した際にアクションを実行したい場合に使用(正規表現で登録)

 

①の場合
「料金ページとお問合せページ」を閲覧したユーザーにアクション実行する際には、
カテゴリーの異なるページの登録になるので「①webページの複数登録」を使用します。
この時、上記と別カテゴリーのページ(会社概要ページ)を作成して、
そのページに上記と同じシナリオを入れたい場合は、当サービスの管理画面におけるWebページ管理画面にてページの追加が必要になります。

 

②の場合
「パン商品一覧 」 のページ から「アンパン」と「クリームパン」と「カレーパン」のページを閲覧したユーザーにアクション実行をする際には、
「パンを紹介するページ」という同カテゴリーのページ登録になるので「②ページグループ(正規表現で登録)」を使用します。
ページグループは正規表現で登録されるため、
仮に新たに食パンの紹介ページを追加したい際に当サービスの管理画面におけるWebページ管理画面にてページの追加は必要ありません。

※正規表現とは・・・
   (例) https://example.com/  ➡ https:\/\/example\.com\/

Translate »