消費者の声は把握できているでしょうか。

エンドユーザーの声がダイレクトにモノづくりの現場に届いているでしょうか。

また、製造の思いはエンドユーザーに届けられているでしょうか。

コミュニケーションと取ることで、商品に対しての評価や期待を知ることができます。

声に対して応えることでさらにコミュニケーションが広がっていきます。

これらのコミュニケーションは次のモノづくりに活かせるだけでなく継続的なネットワーク構築にもなりえます。

時間を割けばコミュニケーションは取れると思いますが、今の時代はAIを利用して賢くコミュニケーションを取ることができます。

例えば、予め用意されたシナリオに沿って、お客様毎に最適なコミュニケーションを自動的にサポートします。

これが複雑な準備は不要で、簡単タグ設置で様々な機能が活用できるようになります。

その他、サイトや用途に合わせてチャット機能の導入など、様々なコミュニケーションの仕掛けを用意できます。

happiでは消費者とのコミュニケーションを提案し、新しいモノづくりのサポートを行います。