銀行は、自社の預金を増やすことも大切ですが、窓口で販売している様々な金融商品のPRと契約も大切な業務ですよね。
エンドユーザーにとっては、銀行のホームページなのに、保険や少額株式、外貨への投資などの情報が錯綜しており、戸惑ってしまう方も多いかもしれません。

Happiは、特定のページへの誘導をポップアップで表現できます。
ホームページは多岐にわたるページが枝葉のように構成されているため、検索エンジンからの流入はトップページよりも枝葉のページのほうが多い傾向にあります。

せっかく流入してくれたエンドユーザーを逃がさないためにも、アクセスしてきてくれたページによって、次に読んでもらいたいページへ誘導させるようなシナリオを登録し、直帰率を減らしましょう。